Info

◆P O Mへようこそいらっしゃいました!
◇当サイトはいばらりおによる冒険FTを目指した一次創作「Innocent Crime」のゲーム作成を夢見て活動しております。
◆当サイトで使わせて頂いてるウェブ・ゲーム素材等の無断転用、転載等は固くお断り致します。素材屋さんからお借りして下さいね!
◇memoはこのサイトの中で一番フリーダムです。いろいろ唐突です。苦手な方はスルー推薦です。別窓開きます。

◎拍手コメントへのレスはコチラにてさせて頂いて ます。反転しているとはいえネット上でのお返事に抵抗がある方は、お手数ですがコ メントのどこかにメールアドレスをご記入ください。メールにてお返事致します。

Story

タイトル Innocent Crime[イノセント クライム]
制作ツール RPGツクールVX
プレイ時間 長編予定
このゲームはフリーウェアですが、
プレイするにはRPGツクールVX-RTPが必要です。


世界観<工事中>

  • 世界の創始者であり――女神エリダヌスに祝福された大陸ハイリヒボーデン。
    この大陸はかつて、荒れ果てていた。それは魂の源であったアルマが底尽きてしまった慣れ果ての姿だった。
    すでに大陸にはひとりの竜しか存在していなかった。竜は一人ぼっちで、ただ悠久なる時を過ごしていた。
    それを憐れんだ女神エリダヌスは、大陸に新しいアルマを齎した。
    すると死の大地だった大陸は蘇り、海が誕生し、青い空が現れ、そよ風が靡き、美しい草花が芽生えた。
    そして女神は、ひとりぼっちの竜が淋しくないように、と、そのアルマから自我の意志を持つ生命体をも創りだした。
    やがて役目を果たした女神は、そっと姿を消した。寂しそうにしたままの竜を残してーーー。

    アルマは、加工することによって魔力の源にもなる。
    その魔力の源を石や宝石など物に封じ込めることで、はるかに非力であったはずの人間は魔法という強大な力を覚えた。
    最初は生きる術として扱われていた魔法は、力を自覚してしまった人間らによって大陸に芽生えた生を少しずつ食らい、
    やがては共存していた他の生命体をも脅かすような存在となった。
    突如人間が得た強大な力を前に危険を感じた幾つかの生命体は、生きのびる為にアルマを自身の体内に取り込んだ。
    だが強すぎるアルマの強大な魂の源は、自我などいとも簡単に破壊した。
    自我を無くした彼らは自分の力に溺れ、さらなる力を求め、アルマを求め続けることになる。そこに終わりなどない。
    人間は、欲深いこれらを___魔物と呼んだ


  • アルマ:大気中にある魂の源。加工することで魔力の源にもなる。ただし、強すぎたり濃すぎるア ルマは人の脆い身体では受けきれるものではなので加減が必要。あらゆる生物は生活していく上で、アルマを消費し、やがて朽ち果てるときにアルマへと還る。 魔法を使う者は大抵指輪や首飾り、宝石などに加工して持ち歩いていることが多い。そのアルマの力を封じ込めた石や宝石のことをアルマストーンともいう。

    人:竜や魔物に比べてはるかに非力な種族。独自な文化で進化してきた。
    竜:今では姿を隠し、希少となった種族とされているが、神話では当たり前のように大陸を右往左往していた、さらには人と共存したという逸話もある。また体 内の血を全て失わない限り、不死の存在。また失った血が元に戻るまで途方もない長い年月が必要である。
    魔女:竜の守護者もとい共鳴者のこと、古の時代に契約を結んだ先祖から受け継がれた血に縛られた呪いでもある。
    6人の魔女には防衛本能として、アルマを大量に取り込むことで武具を生成する能力をもつ。
    魔物:人と違いアルマを自分の体内に持っている(または産生できる)個体が多い。
    機械人形:エルザとルカの姉妹によって創りだされた人と機械を融合させたモノ。屍人のプロトタイプ。
    屍人:機械人形の科学を応用して、無理やり人とアルマを融合させたモノ。ただ、普通の人間には濃すぎるアルマは、到底受けきれるモノではなく人格を破壊さ せる為、人としては限りなく死んでいるような存在。
    竜 人:人と竜が共存していた時代にその間で生まれた混血。古い書物によれば、人にも竜にも似つかない姿で、竜のように不老不死ではなかったが、人よりはるか に長寿だった。近代では、大分竜の血が薄れて、パッと見では、人とは見分けのつかない容姿をしていて、能力自体もただの人間にまで落ちている。そのためほ とんどの力をもたない竜人が自分が竜人だと自覚しないで暮らしている。

Character

ゆる〜いキャラ紹介

1部
テラ・バロン(17)
何してもだいたい機嫌が悪そうにみえる主人公。顔にこそ出ないが態度にはめちゃくちゃ出てる。
挑発して喧嘩を売れば大抵買ってくれる、熱血野郎。沸点が低くプライドは高い。
エレナには心からのホの字だが、主従関係でもある為、けじめをつけて敬語で話す。
鳴き声「ミコサマガー」がいちいちうるさい。(プルミラ談)
エレナ・エレイア・エリダヌス(21)
心の闇が大きいヒロイン。エリダヌスの神子様。根が真面目だが、すぐ自己嫌悪して落ち込みすく、
ほっておくと何でも自分の所為だと思い込む。
思い出を美化する傾向にあり、幼少期に共に暮らしたテラを再会するとまた昔みたいに…、
と思ったら、めちゃくちゃ他人行事された。日々テラが好きすぎて、思いは重くなるばかり。
アッシュ(26)
ギルドから派遣されたクールドライな傭兵。仕事人としては堅実で判断力もあり腕も完璧だが、人としては×。
高い金つまれてローランと個人契約をしエレナの護衛を任されているが、護衛契約の他にも数々の依頼をこなしている。
エリダヌス教の教えで金瞳は変な因縁がつけられることも多いので、街中や人の賑わう場所を好まない。
少し離れた位置から護衛してたいタイプ。
シオン(18)
昔の記憶が曖昧で、物心ついた頃からアッシュに保護されてる。単純明快思考回路。
アッシュの仕事中はだいたい留守番してることが多く、ヴェルディの隠れ家で愛犬と
宝物探しながら携帯ラジオ聞くのが日々の楽しみ。今度の依頼は一緒に来てもいいって言われて、
外の世界が楽しくてはりきって護衛してる様子。誰にでも自然体すぎてたまにドン引きされる。
プルミエール・ラ・ルシュール(18)
帝都ピグマリオンの有力貴族ルシュール家の愛娘。トロイの妹。プルミラと名乗ってる。
老いた両親の代わりに忽然の姿を消した兄を探す為に隣街までいってみたら、極度の方向音痴も
プラスして彼女にとっては大冒険になりました。感受性が強く、すぐ感情的になる。おおざっぱ。我が強い。
恋に恋する少女で、イケメンな男性を見る度妄想が捗るらしい。白馬の王子様を待ち続けている。

2部
ユリウス・ディザイア(16)
帝都ピグマリオンの有力貴族ディザイア家の嫡男。偉大な父親に大きなコンプレックスを抱いてる。
貴族界特有の腹の探り合いばかり小さい頃から見てきたので、
上っ面だけはとてもよい青年を演じてるが、結構うんざりしてきている。ほんとは気が小さくて、
自己中心的。初見は興味もなかったくせに、ルリィのあまりにの誠実さ?に手のひらかえしのベタ惚れしてしまうのだった…。
ルリィ・リグレット(15)
ピグマリオン旧市街で孤児達が身を寄せる古ぼけた教会で神父さんのお手伝いをしている少女。
健気で気が利いてて、年相応ではない落ち着きさと謙虚さをもつが頭はちょっと弱い。
特に字を書くことはド級に苦手であるので、旅先で出会ったセヴァルに日々文字を教えてもらっているそうな。
ユリウスのことを命の恩人だと言い張って、恩を返したいあまりに尽くしすぎてしまう。
イルマ・ノーリス(28)
帝都ピグマリオンの有力貴族元ルシュール家の専属騎士。兄イルゼが死亡すると彼の遺言からは、
ピグマリオンの貴族たちが誇る黒駒騎士団の団長へと抜擢されるも性格は横暴で俺様主義すぎて
一部を除いて周りはついていけていない様子。剣の扱いに長けているのに、鞭で敵を甚振るのが大好き困ったヤツ。
自分が強いのわかってて、ハンデとして片目隠したり、強いのに、どこかちょっと爪があまかったりする。
カトレア(?)
謎の多き美女。その美しさからか某公爵位の貴族の別荘に閉じ込められていたけどユリウスに助け出される。
長い間幽閉されていたようで世間に疎い。わからないこともわかることもおっとりと「あらあら〜」で
なんでもすましてくる。余計な詮索をしようというなら命の保証はないかもあるかもしれない?
イルマにちょっかい出されているがすごい驚くぐらい興味がないご様子。
セヴァル・フェンリル(23)
ノア地方イーストノア領主ロンの側近。実は小さい頃に実親から砂漠に捨てられ、奴隷市場に売られそうだったところを助けられた。
饒舌で平和的な思考の持ち主で、争い事に関しては武力ではなくまる一日かけてでも説き伏せてくる。
どうでもいいことからいらんことまで全部語る。大事なのは語ることらしい。呪術の研究に熱心で、研究のことに頭がいっぱいになると一言喋らなくなって、食 べなくなって、寝なくなる。すっごいマイペースだ。

過去編
 アンリ(?)
○魔女の隠れ里に住む。ファラクと契約し者。
外の世界から遮断されてる里への不信感が強い。
ステーリア・ラファイエント(?)
○ずっーと昔に魔女の隠れ里を捨てて、人間界に紛れ込み、主にノースノア地方を開拓した人物。
エクシュキュと契約し者。
魔女の隠れ里の魔女たちから、裏切り者とののしられる。
ゾーイ(?)
○魔女の隠れ里に住む、魔女。自分が何と契約しているのかよおくわかってない。
後に外の世界へと連れ出しくれるステーリアが大好きになって後ろをひょこひょこついていく。
ユピテル・ディザイア(27)
○ピグマリオンの貴族。騎士家系の生まれ。シリウスの弟。
あるきっかけから、家柄を捨て、小さい頃からの夢だった絵を描いて世界を回っている。
シリウス・ディザイア(29)
○ピグマリオンの貴族。騎士家系の生まれ。ユピテルの兄。双剣。
家の名声をあげるためを声高にしているが、実は弟を心配して旅についてきた。極度の心配性お兄ちゃん。

About Link

indexのみリンクはご自由に!報告はもらえたらとても嬉しいです。
url:http:/ibara.oiran.org/
banner: http://ibara.oiran.org/banner.jpg
Designd by klee